「5G革命」の先端を走るフィンランドの小都市、オウルの実力

Translated by Forbes Japan 次世代のモバイル通信規格、5Gは通信分野に巨大な変化を引き起こそうとしている。その「5G革命」の中心となりつつあるのがフィンランドの人口約20万人の都市、オウルだ。 オウルが5G革命の先端を突っ走っているのには理由がある。この町にはシリコンバレー並みの優秀な人材と資金、そして企業のエコシステムがそろっている。オウルのイノベーションを牽引するのはノキアだ。ノキアの本社はヘルシンキ郊外のエスポーにあるが、無線工学に強いオウル大学があるこの都市に、R&D拠点を置いている。 ノキアは2014年にハンドセット事業をマイクロソフトに売却したが、マイクロソフトはスマホの製造に本腰を入れなかった。マイクロソフトは2016年にオウルにあったハンドセット事業を解体し、数千人の無線エンジニアや専門家が解雇された。 その後、フィンランド政府は大量解雇の影響を最小限にとどめるべく、資金を投入し、スタートアップ促進政策をとった。「政府はこの国がイノベーションのパイオニアとなり、先頭を走ってほしいと願っている」とフィンランドの運輸・通信大臣のアンネ・ベルネルは言う。 Read the entire article at https://forbesjapan.com/articles/detail/16701
Pekka Soini, Director General and CEO of Tekes, speaking at the European Conference on Networks and Communications (EuCNC 2017) in Oulu, Finland.

The Eye Of The 5G Innovation Hurricane Is In The Last Place You’d Expect

5G – the fifth-generation mobile networks standards – promises to disrupt both enterprises and the telecommunications world, as it will enable blisteringly fast communications among people […]