Securosys: Hardware Security for Crypto Wallets

An Intellyx Brain Candy Brief Securosys is an established vendor of Hardware Security Modules (HSMs), the standard technology for securing cryptographic private keys. The company is […]

Vantiq: Platform for Building Real-Time, Event-Driven Applications

An Intellyx Brain Candy Update Since we last wrote about Vantiq in May 2017, the company has matured both its platform and its value proposition. Its […]

Sinequa: Extracting Insight from Data

An Intellyx Brain Candy Update Since we last covered the vendor in December 2016, Sinequa has strengthened and fine tuned its cognitive search platform. Today, the […]

アプリ構築の時短を後押しするローコード開発とは(前)

ローコード開発プラットフォームでは、ビジュアルな宣言的手法によって、コードを記述することなく、データ、ロジック、フロー、フォームといったアプリケーションの構造物を定義できると、米調査会社Forrester Researchは説明している。いわば、コンピューターの画面上で仮想的なLEGOブロックを組み合わせるかのような形で、アプリケーションの構成要素をドラッグ&ドロップで配置できる。さらに、古いアプリケーションとの連携、レポートの生成、ユーザーインタフェースの特別な要件への対応のために、コーディングを加えることもできる。Forresterのアナリスト、John Rymer氏が2017年10月に発表した調査レポートにはそのように説明がある。 ローコード開発を巡る考察については、Steven Koh氏の記事が参考になる。また、ローコード開発と、その兄弟分であるノーコード開発の違いについては、Jason Bloomberg氏の記事を参考にするとよいだろう。 Read the entire article at http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/idg/17/041000129/041000001/.