BICS: Mobile Telephony Connectivity for the Internet of Things

An Intellyx Brain Candy Brief BICS is a global telecommunications provider that offers a range of wholesale telco services including messaging, roaming, and connectivity solutions to […]

革命性5G標準即將制定

Translated by Capgemini 事實上,速度——也就是專家所說的超大移動帶寬——只是5G的三大優勢之一而已。其他優勢還包括:大規模機器類通信,支持智能城市等應用;關鍵性機器類通信,必須支持實時交互,例如自動駕駛汽車和工廠設備控制。 速度對於快速下載大型文件、訪問視頻等富流媒體內容非常有利,但對於很多物聯網應用而言,低延遲更加重要,這屬於另外一種優勢。 例如,現在通過4G網絡發出請求可能需要幾十毫秒才能得到響應,而使用5G網絡,響應時間應該在三毫秒以下,甚至僅為一毫秒。 如果自動駕駛汽車需要等待來自雲的指令,這短短几毫秒可能關係到乘車者的生死。諾基亞貝爾實驗室的固定網絡研究實驗室主管Peter Vetter表示:“4G和5G之間的差異非常明顯。” Read the entire article at http://weiwenku.net/d/101447692

「5G革命」の先端を走るフィンランドの小都市、オウルの実力

Translated by Forbes Japan 次世代のモバイル通信規格、5Gは通信分野に巨大な変化を引き起こそうとしている。その「5G革命」の中心となりつつあるのがフィンランドの人口約20万人の都市、オウルだ。 オウルが5G革命の先端を突っ走っているのには理由がある。この町にはシリコンバレー並みの優秀な人材と資金、そして企業のエコシステムがそろっている。オウルのイノベーションを牽引するのはノキアだ。ノキアの本社はヘルシンキ郊外のエスポーにあるが、無線工学に強いオウル大学があるこの都市に、R&D拠点を置いている。 ノキアは2014年にハンドセット事業をマイクロソフトに売却したが、マイクロソフトはスマホの製造に本腰を入れなかった。マイクロソフトは2016年にオウルにあったハンドセット事業を解体し、数千人の無線エンジニアや専門家が解雇された。 その後、フィンランド政府は大量解雇の影響を最小限にとどめるべく、資金を投入し、スタートアップ促進政策をとった。「政府はこの国がイノベーションのパイオニアとなり、先頭を走ってほしいと願っている」とフィンランドの運輸・通信大臣のアンネ・ベルネルは言う。 Read the entire article at https://forbesjapan.com/articles/detail/16701
The Nokia factory in Oulu, Finland: the ‘Home of Radio’

Robots Managing Robots: Nokia’s Digital Factory Of The Future

Even though Finland-based Nokia unloaded its mobile handset business on Microsoft in 2014, it remains the second-largest mobile equipment manufacturer in the world after Sweden-based Ericsson. […]